華麗にして理不尽なる反撃


うちの職場に来ていたお客さんが、
自分の事務所に電話をかけたけど話し中で繋がらないと怒っていた。

「うちの事務員はいつもこうだ。電話の相手は取引先だけど、
 いつも要件が終わった後にダラダラ長電話するんだ。注意はしてるんだけど」
そこで、「うちからかけましょうか。繋がったら代わりますから」と申し出て、打合せに戻ってもらった。


5分以上経ってからやっと電話が繋がったので、
お客さんに代わったら、お客さんは要件の後に事務員さんを叱っていた。

「長電話するなといつも言ってるだろう。
 何度かけても繋がらないから、こっちの方に迷惑かけたんだぞ」とか何とか…。

でもその後に吹き出して、苦笑いしながら電話を切った。
そして、「あいつなあ、だったら今もすぐに電話を切った方がいいですねえって言いやがった」だって。

うまいこと切り返すものだ。

やっぱり回線を減らしたのが間違いだ、元に戻しますと言って、お客さんは帰って行った。

コメントは停止中です。